読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必見!!、TEDを見て目から鱗が出た。「サイモン・シネック:優れたリーダーはどうやって行動を促すか」というスピーチが素晴らしい

雑記

f:id:nasust:20161226181941j:plain

こんにちはnasustです。 久しびりにTEDを見ていたら目から鱗がでるスピーチがありました。

2009年の古いスピーチで既に紹介されているかもしれませんが、自分は知らなかったので改めて紹介します。

サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか | TED Talk | TED.com

このスピーチで、優れたリーダーはどうやって行動を促すかを例えて伝えています。

それは、Appleがお客さんに売る場合のメッセージと、一般のPCメーカーが売る場合のメッセージを、どちらが購買意欲が出るのか例えで解説しています。

その解説の中でサイモン・シネック氏は、考え行動し伝える方法を発見したことを伝えています。 それは、彼がゴールデンサークルと呼んでいる、中心からwhy → How → Whatという定式化です。

例えての解説で、一般のPCメーカーではWhat How Whyの準備でメッセージを伝えます。

  • What: 「我々のコンピューターは素晴らしく、」
  • How : 「美しいデザインで簡単に使え、」
  • Why : 「ユーザーフレンドリー、おひとついかがですか?」

これだと欲しく無いですね。

Appleの場合は、

  • Why: 「我々のすることはすべて、世界を変えるという信念で行っています。違う考え方に価値があると信じています。」
  • How : 「私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ」
  • What: 「簡単につかえて親しみやすい製品です。こうして素晴らしいコンピューターが出来上がりました。」

このメッセージは凄く購買意欲が湧きます。

つまり優れたリーダーはWhy How Whatの順でメッセージを伝えることで、何故、仕事をさせるのか理解させ意欲を湧かせる事ができるのです。

最近のAppleはジョブスが去ってからは、What How Whyで伝えているような気がします。ジョブスが蓄えた資産で伝えてるので、それなりに魅力的です。ですがWhy How Whatで伝えていないので魅力に陰りが出て来たと思います。AppleはWhy How Whatで製品を作り、世界を変えて欲しいです。

自分もブログの記事をWhy How Whatで共感できるように書きたいと思います。皆さんもWhy How Whatを頭に置き、メッセージを伝えましょう。

この記事は、

  • Why: 他のブロガー達や読者に、TEDの内容を伝えたい
  • How: 自分がこのTEDに共感したことを伝える
  • What: 皆さんもWhy How Whatでメッセージを伝えましょう

という内容で書きました。この法則だけで記事の魅力が上がった気がします。

広告を非表示にする