読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Swift入門 変数について解説

プログラミング Swift入門 Swift

f:id:nasust:20170205105151j:plain

こんにちはnasustです。

今回はswiftの変数について解説します。

変数とは

変数とはプログラムの値を一時的に保存して利用できるものです。とは言っても初めてプロググラム触る人には分からないと思います。

身近な道具で分かりやすいのは電卓です。電卓にはMキーがあると思います。メモリに数字を足したり引いたりします。

変数はMキーをより凄くしたようなイメージです。数字は勿論、文字列など何でも保存することができます。

変数の例

var str = "hello Playground"

これは変数strに”hello Playground”という文字列を保存しています。

var strという書き方つまり、var 変数名 という書き方で変数を定義できます。

var str = "hello Playground"
str = "hello Swift"

次の行で"Hello Swift"を変数strに保存しています。strは保存した値に変わります。

変数の種類

変数は以下の通りの種類があります。

  • var - 書き換え可能な変数
  • let - 書き換え不可な変数つまり定数

先程のvar strは"hello Swift"に書き換えることができました。ではletの場合はどうなるでしょう。

let str = "hello Playground"
str = "hellow Swift" //エラー

このようにエラーになりプログラムが実行できなくなります。

何故、このように変数の種類があるのかは、プログラムの開発時にバグの混入を防ぐためです。例えば、書き換えてはいけない変数を書き換えてしまったらバグになります。Swiftには予め書き換えられないようにする機能がありバグを防ぎます。

このようにSwfitにはバグを防ぐ機能が予め備わっています。ですので不便と思えるプログラム言語仕様があるかもしれませんが、それはバグを防ぎ品質を良くするためにあります。


Swift 入門 目次に戻る

広告を非表示にする