読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何もできないSEを撲滅して日本をIT大国にする

こんにちはnasustです。

nasust.hatenablog.com

この記事では少しだけ多くの人たちが読んでくれて有り難いです。僕は”物作りの日本”という言葉が大好きです。現在の日本のITの大部分が産業構造的がボトルネックになり、技術が育たないSEを大量に生み出している印象を受けます。これらの問題が解消して、構造的に技術が育つようになれば、物作りとしてIT大国になれるのでは無いかと思います。



まずは何もできないSEを生み出していると思う構造について想像してみます。

学生時代でIT会社に進路を決定します。この決定にはいくつかパターンが あります。

  • パソコンやアプリに興味を持って、専門学科を専攻してIT会社に進路を決める。
  • ITと関係無い学科が就職できない為にIT会社に進路を決める。

ITの専門学科を専攻している学生は、ダラダラまたは実直に狭い教科書の中のITを勉強しているか、さらに興味を持って、オープンソースなどの活動をして広いITの世界を実感して勉強していくと思います。

そして就職活動の時に差が生まれます。教科書しか勉強してきた学生と就職できない為ITを選んだ学生は、普通に就職課から会社を探して、会社の表面的な内容から何となく良さそうなIT会社に就職するんじゃないでしょうか。

オープンソースなどで活動してIT世界の広さを実感している学生は、同じオープンソースで活躍している人たちから会社の中身の評判を聞いて、この会社であれば仕事が出来ると確信を持って就職するんじゃないでしょうか。こういう人たちは成功すると思います。

確信を持って就職できれば素晴らしいですが、実際は訳のわからない表面だけは良いIT関係の会社に就職するのが大多数じゃないでしょうか。僕も、とりあえずで就職できた組です。たまたま技術は凡庸でしたが人が良くて働きやすい環境であった為、当たりを引きました。

では、何となく就職した学生はどうなるでしょうか。とりあえず会社として新入社員の研修が始まると思います。ところがこの研修は就職した学生のスキルに合わせたものは行われません。同じ課題がだされると思います。

何故そんなことになるかというと人数の問題です。こういう研修で担当になる社員に人数は1人、多くても数人じゃないでしょうか。そもそも会社が新入社員の教育に熱心では無いところがあります。日本の昔の習慣でOJTしとけば一人前になるだろうと思考停止しているじゃないでしょうか。

僕が考える良い新人教育は、一人の担当者が面倒を見れると5人程度ずつ分けて何でもやらせて、適正を確認して、その後部署に配置して専門的な教育していくべきだと思っています。

そして、そのままOJTで一人前になる頃には何でも屋のSEが出来上がる訳です。もちろんOJTで自分の適正を発見して得意分野が生まれ活躍できるSEもいると思います。

僕はこの何でも屋のSEの出来方が悪循環している構造と思います。「とりあえず何でもやらせる」で育った先輩も、新入社員社員に同じような教育をすると思います。そして何でも屋のSEが大量生産される訳です。

そして何でも屋が低レベルスキルなのは、仕事で余裕と時間が無いせいかと思います。仕事を行う上でギリギリのスキル、素早く仕事を終わらせることができない、長時間労働になり勉強する暇も意欲も湧く訳が無い。

さらに周りには何でも屋のSEだらけ、誰がどのようなスキルを持っているか分からないSEで助けを呼ぶ方法も分からない。もちろん上司もスキルを把握していないだろうから助けることもしない。

「俺は把握している」という人はいると思います。しかし全体でみるとSEだらけで、中身の繋がりが無い社員は誰に助けを呼ぶということが出来ないです。僕は助けを呼ぶことができない構造がIT業界でうつ病を増やしている大きな原因の一つと思っています。

ではどうすれば解決できるかというと、乱暴ですが無理矢理分業させる為にSEを排して役職を与えることかなと思っています。無理矢理役職を与えることで、仕事のリソースを集中することができますし、仕事の割り振りもしやすくなります。最初はSEが名称が変わっただけでしょう。しかし長い目でみれば、特定の仕事に集中することによって専門職のプロフェッショナルになることが期待できるじゃないでしょうか。「肩書きが人を作る」という言葉もあります。

もちろん、そんな簡単にはいかないと思います。会社が全力でプロフェッショナルを育ている活動が必要になると思います。今までの仕事の曖昧なSEになんでもやらせて来たからには、分業しても人の繋がりで役職と関係無い仕事をさせる動きがあるでしょう。その仕事を断っても問題無いと会社が保証しなければなりません。

また役職に合わせた評価方法も検討しなければなりません。利益と間接的になる仕事もあるでしょう。どのような貢献したか評価できなければ腐るだけです。例えばインフラエンジニアやセキュリティエンジニアの評価はどうでしょうか? 彼らは事前に対策して問題を起こさない事が素晴らしい仕事です。しかし何か事が起きなければ上層部に活躍伝わらない部署になっていませんか。彼らが問題を起こさないということを高評価にする仕組みを作らないと会社が腐る原因になってしまいます。

僕が思うに、IT関係の仕事は評価の仕方が分からない管理の人が多いじゃないか。だから声が大きい人だけが目立って昇級していくじゃないかと思います。

これだけの事を行えば、SEを減るだろけど撲滅するまでは行かないと思います。では日本全体でSEを撲滅するには、「SEはITの仕事で効率が悪い、むしろ悪である」と徹底して周知すべきでしょう。雑誌、インターネット、テレビでSEは悪であるぐらいの過激な活動を官民合わせて活動するしかないんでしょうか。

しかし、そんな声を上げても撲滅運動は起きないでしょう。何故ならば、現在のSEで何とか世の中が回っているからです。問題が起きていないように見えるからSEは無くならない。

これは一部の優秀な人たちが何とかIT業界を回しているからです。その優秀な人たちが日本のIT業界を支えていますが、支えているだけで精一杯なはずです。日本がIT大国になるには既存の大量のSEの底上げが必要です。

ではどうするかというと、身も蓋も無いですが専門職を増やす事が国益になるとい議員が要れば良いと思います。その議員が中心となって、現在のイケイケな先進的なIT会社と手を組んで啓蒙活動を行い日本全体的なITの底上げをさせることです。

教育段階で、専門的な役職を周知させて将来のキャリアパスをハッキリさせること、会社では専門職の評価基準を作成すること、そして分業させることです。これらが全体的に広がることで、ITの技術力が上がり国益になるのではないかと思います。

多重下請け問題もSEが関係しており技術が育たない原因だと思っています。僕は多重下請けの仕事をしたことは無いので、ネットから調べると、大規模なプロジェクトが発生すると人が集まらないという問題がそもそもあるようです。 その為に、人数を揃える為に多重下請けが発生するようです。

ではどうすれば解決するか、これは難しいですが根本の問題に日本の会社がITをビジネスに組み込む事が失敗したのが原因だと思っています。

ITをビジネスに組み込むということは、会社の活動をITを駆使して効率化して、PDCAを実行することだと思います。PDCAの中で新しいビジネスや変化が発生します。その為に素早く対応するには社内のIT開発部隊が必要です。

しかしほとんどの会社は、既存の仕組みを変えずにITを導入したと思います。だから社内にIT開発部隊がいない。そしてレガシーな部分が仕事の効率に足を引っ張り、ITで儲かるというのは幻想だったと年配の人は思っているじゃないでしょうか。そして時代が進み海外ではITの活用で成長している為に、慌ててITを改めて組みこもうとして大規模なプロジェクトが発生しているじゃないでしょうか。

しかし日本のIT企業は、とりあえずITを導入してきたという受注開発ばかりしてきた低レベルスキルSEが多い状態。そして大規模プロジェクトを受注しても人数が足りない。だから一次受けでは開発できないから、さらに二時受けを探す。二時受けも・・・とスパイラルしていくじゃないでしょうか。

では多重下請けを解決するには、そもそも受注元の会社自体が世の中の変化に対応できる社内開発部隊を結成する。ITで業務をコツコツと改善させていく。もし大規模な開発が必要になったら、社内開発部隊が協力して一緒に開発できる会社を探す。この時に社内開発部隊が機能していれば、協力会社の選定で、多重下請けで技術が無い会社は選ばれないでしょう。協力会社には得手不得意があるでしょうから、複数の協力会社と合わせて仕事を割り振り効率的に開発することで人数不足を減らせるじゃないかと思います。そして色々な会社と協力することにより技術を吸収することができます。

これで改善はできると思いますが、まだ解決には程遠いと思います。利権の問題です。国の大規模な開発プロジェクト、それを受けるゼネコン。それからの多重下請け。この構造は強固です。これをクリーンにするには無理です。僕が経験した入札の経験で、何とか費用が無料といのもありました。何かしら他から利益を得るでしょうね。

これは、ほっときます。どうしようも無いですから。彼らとは別の場所で世先進的なIT会社にしていきましょう。専門職を増やすようにキャリアパスをしっかりしていけば、多重下請けの会社に就職はしませんし、自然と淘汰されるでしょう。ゼネコン自体も下請けする会社が減ることで変わっていくと思います。

僕の意見はこんなとこです。このSEは深い闇を抱えていて、想像も出来ない原因があるかもしれません。そういうものがあれば教えて欲しいです。自分の考えが間違っているという意見もあれば根拠を交えて教えて欲しいです。 僕は日本が世界一のIT大国になって欲しいです。よろしくお願いします。

広告を非表示にする